3.11 – 17 大阪第七藝術劇場レイトショー

on

16729049_10207634095961299_1624841942627435403_n

16487523_10207634096041301_9216908593298321123_o

■大阪・第七藝術劇場

2017. 3/11~3/17…21:00 – 22:30

当日一般 1,800円/専門・大学生 1,500円

シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円/小人 700円

会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付

第七藝術劇場

住所:大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ6F

TEL:06-6302-2073

http://www.nanagei.com/index.html

★2015年 シアトル国際映画祭招待作品
★2016年 バグダード国際映画祭正式出品作品
正体を暴け われわれを欺き われわれの魂を操る
黒幕の名前を思い出せ もしおまえがそいつを滅ぼそうと
願うなら そいつの言葉を 人間の心に葬ってやれ

『アブラクサスの祭』等の加藤直輝監督による三作目の長編作品。原爆投下100年後、自然災害によって全ての原子力発電所がメルトダウンした日本を舞台に設定したモノクロ映像とノイズ・ミュージックが独特の世界観を生み出すSci-Fiノイズムービー。これまで映画の出演者たちが爆音で即興演奏を行う「ライブ上映」というイベントを世界各地で実施。2016年にはヨーロッパ4カ国ツアーをおこなった。

【STORY】
2045年のファーイースト。かつて日本と呼ばれた国は天災によってすべての原発がメルトダウンし、崩壊した。数年後、とあるシティが奇跡的な復興を遂げる。かつて「ヨコハマ」と呼ばれた都市「YKHM City」は、「ANIKI」と呼ばれる党が独裁統治され、絶望した人々の集合的無意識が実現した理想郷だった。完全に調和された社会。ニュークリア・コンタミネーションによる世界的飢饉の中、市民に配給される「ソイレント食品」とは?党の首魁であるDr.Acidとは何者なのか?密命を帯びたエージェント、アーサーは単身YKHM Cityに潜入する……この映画は彼が提出した報告書である。リストには人工麻薬、ミュータント、スカムパンクス、ノイズアミニズム、ソイレントフード、そしてマンドラゴラなどの項目がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)